スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    musicgetterが検索できなくなって何も聞けなくなった。~無料音楽アプリの末路

    musicgetterが検索できなくなって何も聞けなくなった。~無料音楽アプリの末路


    好きなだけ無料音楽が聞き放題~!MusicGetter~…検索機能が動作しなくなった?


    知人が、「MusicGetterが検索できなくなった」というので、見せてもらった。

    MusicGetterは凄いシンプルなUIで、アプリを立ち上げると検索窓があるだけという感じ。その検索機能が使えないとなると、もはや音楽を聞けない。不可能だ。

    音楽を聞けない音楽再生アプリなんて、何の為に存在してるのか分からないが、MusicGetterは今正にその状況になってしまっているようだ。

    その知人は「DropMusicは重くてすぐ落ちるから、MusicGetterを使っていたのだけど、これでは何も聞けなくて困ってしまった。」と言っていた。

    一体MusicGetterに何が起こったのか?


    MusicGetterについては、
    好きなだけ無料音楽が聞き放題~!MusicGetter~これ、違法じゃないの?著作者に何の利益も行かないでしょ?iPhoneアプリ
    で、過去に取り上げた事があるが、appstoreの無料ランキングで上位に現れてから暫くして、姿を消してしまった。どうもappleにリジェクトされたのではないかと思われる。

    その後も、DLした端末上では動作を続けていたようなのだが、それも最近になって聞けなくなってしまったようだ。

    MusicGetterに何が起こったのか?少し推測してみた。

    新規流入を遮られ、ユーザー流出は止まらない。サーバー費用が賄えなくなった?


    まず思い浮かんだのは「赤字」の二文字だ。
    サーバー費用を賄えなくなって、機能を潰してしまったのではないか?

    appstoreからリジェクトされた事で、MusicGetterは新規ユーザーの獲得は望めなくなった。
    加えて、appstoreには、同様の機能を備えたdrop musicが存在する。
    ユーザーがそちらに流れたという推測は難しくない。

    MusicGetterのユーザーが減り、収支バランスが赤字に傾いてしまったのではないか?

    ミスタップ誘発型の広告表示にユーザーが慣れてしまった?


    MusicGetterの収益源は恐らく広告収入のみだ。
    それも、ユーザーが欲するものを広告掲載しているというよりも、ただただタップさせる事しか考えていない、ミスタップ誘発型の広告表示である。
    ユーザーは自然と広告をタップする事を避けるし、表示の位置などにも慣れ始める。

    残ったユーザーが広告をタップしてくれなくなり、広告収入が減少したという事も考えられる。

    継続性のない無料音楽聞き放題アプリ


    この流れを見るに、無料音楽聞き放題アプリの継続性に疑問符を打たざるを得ない。

    無策にユーザーを集めるだけでは、サーバーの維持費もかさんでしまうはずだ。
    ※ここでは、今回の検索機能の停止を、収支バランスの赤字化と仮定して話します。

    無料で音楽が聞けるDrop musicというアプリは違法か?
    という記事で、drop musicについてもそのあり方に疑問を投げかけたが、私の疑問が正しければ、MusicGetterと同じようにdrop musicにも、appstoreからのリジェクトリスクがある事になる。

    そうなると、その後の展開としてもMusicGetterと同じく、機能停止やサービス停止という事になるリスクはゼロではないのだ。

    ただ、ここで間違えてはいけないのは、仮に「合法」で展開していたとしても、収益構造が貧弱なサービスは、やがてその自らの重みを支え切れずに消えていく運命にあるという事だ。

    実際、そういったサービスはこれまでにいくらでも例がある。

    最近では、exfmがその姿を消した。

    そもそも、クリック課金のCPC広告というのは、単価が数円~数十円で安価なもので、広告収入だけでサービスを維持しようというのはかなりハードルが高い。

    drop musicは恐らく、レーベルやアーティストへのロイヤリティは支払っていない筈なので、そこは抑えられているとは思うが、大量のユーザーを抱えれば、サーバーなどの維持費は増大する。

    ユーザーが広告の表示に慣れ、広告のクリック率が次第に下がって行くと仮定すると…

    やはり、そこを補う収益化施策が必要になってきそうだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト
    プロフィール

    ブムブム

    Author:ブムブム
    しがないサラリーマンですが、
    ベンチャーにいるので日々は充実しています

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。