スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    無料で音楽が聞けるDrop musicというアプリは違法か?

    Drop music というアプリが、AppStoreに公開され、ランキング上位にいますが、何故無料で聴けてしまうのでしょうか?

    音楽の違法ダウンロードは世界的に問題になっており、最近ではその現状をある意味逆手に取るかたちで、アイアン・メイデンが「最も違法ダウンロードが多い地域でライブを敢行」し、成功を収めたのは記憶に新しいニュースです。

    このDropMusicというアプリ、違法性に関してはどうなのでしょうか?

    ちなみにこのアプリの収益構造は、広告収入であるようで
    音楽を再生しようとすると、ミスタップを誘発しやすい位置に自動的に広告が挿入される仕組みになっていました。

    ここから見ても、このDropMusicというアプリは正当な手段で音楽を入手しているわけではないということが予想されます。

    では、違法性としてはどうなのでしょうか?

    DropMusicのアプリのサイトにおいては、YouTubeから音楽を再生しているという説明がされています。
    詳しい情報は把握していませんが、YouTubeに関しては違法アップロードに関してはパトロールもされており、そこから音楽を取得しているということであれば違法性は薄そうなのですが・・・

    実際にDropMusicのアプリを利用してみると、YouTubeには存在しない楽曲も再生が可能で、おそらく他のソースから音楽情報を取得しているように思われます。

    そのアプリ10月1日から使っても大丈夫ですか?
    こちらによると、違法ダウンロードが刑事罰化される?という興味深い話もあります。
    記事によると、短絡的に違法な手段でのダウンロードが即、刑罰対象ということではないらしいということでしたがどちらにしても気になります。

    DropMusicについて、違法性はどうなのでしょうか?

    おそらくYouTubeからの取得ではないようです。
    中国には、どういう経由でか、日本の音楽データを違法にダウンロードできるサイトが存在し、アルバム、シングルはもちろん、ライブ会場限定配布の音源なども出回っているようです。
    もちろんそれは、DropMusicにおいても再生可能でした。

    利用するには便利なアプリではありますが、その違法性は利用者一人一人が見極める必要があるようです。

    DropMusicをご利用の際にはお気をつけて・・・

    ◆追記◆
    drop musicの事をきっかけに、無料音楽の今後について考えてみました。

    無料音楽を考える。音楽はプロダクトからメディアへと移行していく

    drop musicはいまだランキング上位に居続けていますが、中、長期的に見て今後どうなっていくかについて予測しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    drop musicに酷似したアプリ、「MusicCrown」というアプリを見つけました。
    新曲からアニソン、ボカロまで全ての曲が無料で聴けるミュージックプレイヤーMusicCrown!~Drop musicと酷似した別アプリの広告表示が酷い…

    記事の中で、アプリ内での検索結果と、YouTubeでの検索結果の比較も行ってみました。
    ※ちなみにjohn sykesで検索しました

    コメントの投稿

    非公開コメント

    DL禁止法について

    結論から言うと違法ではありません。

    PCで動画を見る際、動画はキャッシュ(インターネット上のファイルを見るために、一時的に保存する場所)と呼ばれる場所に、必ずDLされます。

    DL禁止法では、キャッシュに保存された動画は対象にしておらず(でなければ、youtubeで動画を見るだけで違法になってしまう)、これらのアプリはキャッシュに保存された動画を再生しているだけだからです。(例えば、youtubeにおいて、動画を完全にDLした後でネット接続をきったとしても動画を見れるのと同じ理屈)

    少し間違っていますが分かりやすく言うなら、iPhone上にて、ユーザーが普通には触れない場所(キャッシュ)にあるならOK。触れてしまう場所、マイドキュメント等々に置けちゃうとアウトです。


    ただし、以下の2点について注意する必要があります。
    ・キャッシュから他記憶媒体に移すのは危険(法的に)
    ・将来的に禁止される可能性がある

    特に2点目についてですが、通常キャッシュ上のファイルはアプリごとに規定値が設定され、それ以上の容量になった際に、古いものから削除されるようになっています。しかし、dropmusic等のアプリはその規定値に変更を加えて、古いファイルも消されないようになっております。

    将来的にこのような行為は禁止される可能性があります。
    ま、キャッシュへの保存は既存のwebブラウザでも行われているため、禁止の線引きがかなり難しく、少なくともここ2~3年では法律で禁止されることはなさそうですけどね。

    参考文献
    下記URLの2つめの質問を見てもらえると良いかと思います。
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20120710_545829.html

    Re: DL禁止法について


    コメントありがとうございます。
    利用するだけで違法行為には、現状ならないのかもしれないのですが、
    将来的には、というところと、

    このアプリの運営者が違法な手段で音楽データを入手していた場合、
    著作権者は音楽制作での利益が得られないという可能性があります。

    ※YouTubeに存在しない音源も存在したことを考えると可能性は非常に高いと思います。

    このアプリをみんなが使ってしまうと、音楽を制作しても全然利益が出ない、
    ボランティアみたいな状態になってしまい、
    それというのは音楽業界にとって問題なんだろうなと思います。




    > 結論から言うと違法ではありません。
    >
    > PCで動画を見る際、動画はキャッシュ(インターネット上のファイルを見るために、一時的に保存する場所)と呼ばれる場所に、必ずDLされます。
    >
    > DL禁止法では、キャッシュに保存された動画は対象にしておらず(でなければ、youtubeで動画を見るだけで違法になってしまう)、これらのアプリはキャッシュに保存された動画を再生しているだけだからです。(例えば、youtubeにおいて、動画を完全にDLした後でネット接続をきったとしても動画を見れるのと同じ理屈)
    >
    > 少し間違っていますが分かりやすく言うなら、iPhone上にて、ユーザーが普通には触れない場所(キャッシュ)にあるならOK。触れてしまう場所、マイドキュメント等々に置けちゃうとアウトです。
    >
    >
    > ただし、以下の2点について注意する必要があります。
    > ・キャッシュから他記憶媒体に移すのは危険(法的に)
    > ・将来的に禁止される可能性がある
    >
    > 特に2点目についてですが、通常キャッシュ上のファイルはアプリごとに規定値が設定され、それ以上の容量になった際に、古いものから削除されるようになっています。しかし、dropmusic等のアプリはその規定値に変更を加えて、古いファイルも消されないようになっております。
    >
    > 将来的にこのような行為は禁止される可能性があります。
    > ま、キャッシュへの保存は既存のwebブラウザでも行われているため、禁止の線引きがかなり難しく、少なくともここ2~3年では法律で禁止されることはなさそうですけどね。
    >
    > 参考文献
    > 下記URLの2つめの質問を見てもらえると良いかと思います。
    > http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20120710_545829.html

    No title

    >このアプリの運営者が違法な手段で音楽データを入手していた場合、
    >著作権者は音楽制作での利益が得られないという可能性があります。

    >※YouTubeに存在しない音源も存在したことを考えると可能性は非常に高いと>思います。

    youtubeのwebサイトから見る場合と、プログラムから取得する場合とでは、動画を取得する方法が異なります。webから見る場合は視聴者が見る地域などによって、表示されない動画も、プログラムで取得する場合は見る事が出来ることがあります。

    試しに下記のurlにアクセスしてみると分かるかと思います。

    http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/t3LNgKkv-e8

    自分の限られた知識のみで、これは違法に違いないと決めつける事のは、いかがなものかなと感じました。

    Re:No title

    ちなみにこの情報は、youtubeのdeveloperサイトに乗っています。

    https://developers.google.com/youtube/2.0/developers_guide_protocol_video_entries?hl=ja

    Re: No title

    > >このアプリの運営者が違法な手段で音楽データを入手していた場合、
    > >著作権者は音楽制作での利益が得られないという可能性があります。
    >
    > >※YouTubeに存在しない音源も存在したことを考えると可能性は非常に高いと>思います。
    >
    > youtubeのwebサイトから見る場合と、プログラムから取得する場合とでは、動画を取得する方法が異なります。webから見る場合は視聴者が見る地域などによって、表示されない動画も、プログラムで取得する場合は見る事が出来ることがあります。
    >
    > 試しに下記のurlにアクセスしてみると分かるかと思います。
    >
    > http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/t3LNgKkv-e8
    >
    > 自分の限られた知識のみで、これは違法に違いないと決めつける事のは、いかがなものかなと感じました。

    可能性を指摘しただけであり、決めつけている訳ではないです。
    この記事の文章だけで、「自分の限られた知識のみで」と記載してしまうあたり、
    リテラシーを疑わざるを得ないので、言うだけ無駄というものかもしれませんが

    私の指摘している事項について、反論があるのであれば、それを主張する記事をお書きになればよいかと存じます。
    つまり、
    「drop musicが使用している音源が全てYouTube他、合法な音源である証拠」
    とでもタイトルをつけて、その調査内容を記事にすればよいかと。

    私が言いたいのは、他人の著作物をコンテンツとして、自分だけが利益を得るような行為が許されていいのか?ということです。
    dropmusicの行っている事は、その疑いがあると見える為、この記事を書いて指摘したまでです。

    プロフィール

    ブムブム

    Author:ブムブム
    しがないサラリーマンですが、
    ベンチャーにいるので日々は充実しています

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。